鳥羽市と國學院大が連携協定 観光や地域活性化で 三重

【協定書を手にする(左から)中村市長と針本学長=鳥羽市役所で】

【鳥羽】三重県鳥羽市と國學院大学(東京都渋谷区)は19日、観光まちづくりを通じた地域活性化などを目的とした相互連携と協力に関する基本協定を締結した。

協定は、鳥羽市の観光やまちづくりに関する知識や経験、國學院大学が保有する知的財産や学生など人材や技能を生かして地域活性化や地域産業の発展、人材育成などを図るのが目的。

具体的には、同大でこの4月に開設された観光まちづくり学部・観光まちづくり学科から市内の観光関連施設に向けて、学生らによるフィールドワークの受け入れなどを予定している。

市役所で開かれた協定式では、市から中村欣一郎市長、同大から針本正行学長らが出席し、協定書に署名した。

中村市長は「学生さんと一緒に地域を動かす多彩な人材育成に期待しています」とあいさつした。

針本学長は「地域を見つめ、地域を動かすことを目的に、今だから必要な地域づくりや人材づくりをすることで、鳥羽市の課題解決に取り組んでいきたい」と話していた。