イオンモール明和で交通安全フェスタ 子ども教室も

【県警マスコットキャラクター「ミーポくん」、明和町マスコットキャラクター「めい姫」と横断歩道の渡り方を学ぶ園児ら=明和町のイオンモール明和で】

【多気郡】三重県警交通企画課は15日、明和町中村のイオンモール明和1階ハナショウブ広場で「交通安全フェスタ」を開き、子どもの交通事故防止を目的に、買い物客らへ啓発活動をした。

夏の交通安全県民運動(11―20日)と連動した取り組みで、交通安全教室のほか、交通安全クイズや白バイの展示コーナーが設けられた。明和町マスコットキャラクター「めい姫」が一日交通安全大使に任命され、県警マスコットキャラクター「ミーポくん」と一緒に買い物客らへ交通事故防止を呼びかけた。

交通安全教室には地元の認定こども園「明和ゆたか園」の園児ら34人が参加したほか、一般の来場者には正しい横断歩道の渡り方などを指導した。

教室に参加した同園の清水波瑠ちゃん(5つ)は「交通安全クイズが楽しかった。交通事故に気をつけたい」と話した。

県警の担当者は「夏休み期間になると、普段歩かない道を子どもたちが通ることがある。特に横断歩道での事故が多いので、渡るときは周囲を確認して通るなど気をつけてほしい」と話した。