3年ぶり松阪祇園まつり 「チョーサヤ」掛け声 縮小開催

【松阪神社での松阪祇園まつり出発式=松阪市殿町で】

【松阪】松阪市観光協会は16日、市街地一帯で「松阪祇園まつり」を開いた。コロナ禍で中止が続き、3年ぶりとなる。例年2日にわたるが、1日だけに縮小し、三社みこしが街を練り歩く行程も短縮した。

同まつりは初午(はつうま)大祭、氏郷まつりと並ぶ松阪三大祭りの一つ。松阪の夏の風物詩となっている。

御厨(本町)、八雲(日野町)、松阪(殿町)の3神社の「三社みこし」が市中心部の日野町交差点へ集結し、「チョーサヤ、チョーサヤ」の掛け声が響いた。露店は並ばず、中心商店街では会場を分散してイベントを催した。

松阪神社では神事の後、みこしをトラックに積み込み、担ぎ手らは日野町カリヨンビル前に移った。