コロナ対応業務を縮小 感染者増で三重県、健康観察や接触者調査

三重県は14日、新型コロナウイルス感染者への健康観察や濃厚接触者を特定する作業の対象範囲を縮小したと発表した。対策本部の業務が逼迫(ひっぱく)していることから「県民の命に直結する業務を優先した」としている。

県によると、保健所からの電話による健康観察は重症化リスクの高い感染者に限定し、他の感染者には専用のシステムで連絡してもらう。感染判明から最初の電話連絡は、従来通り全ての感染者に実施する。

濃厚接触者を特定する作業も、同一世帯内や高齢者施設、障害者施設、医療機関、特別支援学校に限定。保育所や幼稚園、認定こども園、小学校、放課後児童クラブを新たに対象から除外した。

県の患者情報プロジェクトチームは業務の範囲を縮小した理由について「新規感染者数が今後も高水準で推移することが想定されるため、重症化リスクが高い感染者への対応を優先することにした」としている。