松阪商、津工、四日市が勝つ 夏の高校野球三重大会第6日

第104回全国高校野球選手権三重大会は大会第6日の13日、ドリームオーシャンスタジアム(県営松阪球場)など2会場で1回戦残り3試合があり、松阪商、津工、四日市が勝ってベスト32が出そろった。2回戦は16日から行われる。

硬式、軟式通じて県高野連主催大会で初の継続試合となった松阪商―青山は12、13日の2日間に及ぶ試合の末、松阪商が28―0の五回コールドで勝った。津工は四日市農芸を7―0の七回コールドで下し、四日市は昴学園を12―5の七回コールドで退けた。