画家でアイドル水品優さんが絵画展 津のギャラリー「一期一會」 三重

【作品を紹介する水品さん=津市一志町の松尾表具店ギャラリー「一期一會」で】

【津】三重県津市出身の画家でアイドルとしても活動する水品優さん(20)の作品展「白群青」が、同市一志町の松尾表具店ギャラリー「一期一會」で開かれている。県立飯野高時代の作品から近作のイラストまで大小約40点を展示している。30日まで。日曜祝日は休み。

水品さんは同高で日本画を専攻し現在は大阪を拠点に制作する。同所では今年3月のグループ展に出品しており個展は初めて。制作と並行しアイドルユニット「Ētoile」の一員として活動する。

「水色」と「横断歩道」をテーマにしており「水色は自分にとってリフレッシュできる色。横断歩道はこの先に続く道を示してくれるものの象徴」という。ビルの間や夜の街などさまざまな場面の横断歩道を描くほかスマートフォンのイラスト機能で少女を描いた小品もある。

かわいく装飾したゾウのじょうろや水鉄砲、天井のオーガンジーなど世界観が表れた会場で「絵もアイドルも表現としては同じ。水色で癒やされて作品から何かを感じ取ってもらえたら」と話した。