「お伊勢さんマラソン」3年ぶり再開 伊勢市、12月3、4日 三重

【会見する鈴木市長=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市の鈴木健一市長は12日の定例会見で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が続いていたマラソン大会「お伊勢さんマラソン」を3年ぶりに再開すると発表した。

大会はアテネオリンピック女子マラソン金メダリストで伊勢市出身の野口みずきさんを大会長に、伊勢市の冬の風物詩として開催。コロナ発生前の令和元年度大会には全国から1万1097人の参加があった。

再開に当たり、消毒など感染防止対策の徹底や物産展、企業協賛ブースの縮小、対面での窓口申し込みの中止を図るほか、参加に不安を抱える連続出場者への配慮として、今年度の出場数はカウントに入れず、参加を見合わせても連続出場が途切れないようにする。

鈴木市長は「伊勢参りのついでに参加してもらえたら」と話した。

県営サンアリーナ(朝熊町)を会場に12月3日はウォークの部とバリアフリーランの部、4日は5キロとハーフマラソンの部がある。先着順で伊勢市民先行が8月17日正午から、一般が8月24日正午から参加申し込みを受け付ける。

詳細は市ホームページ等で公表する。問い合わせは観光振興課内同事務局=電話0596(21)5542=へ。