「大賀ハス」が見頃 玉城町の田丸城跡内堀 三重

【見頃を迎えた大賀ハス=玉城町田丸の田丸城跡内堀で】

【度会郡】三重県玉城町田丸の田丸城跡内堀で、古代ハスとして知られる「大賀ハス」が見頃を迎えた。まだつぼみも多く、8月上旬まで内堀を彩るピンク色の大輪が楽しめる見込み。

大賀ハスは昭和26年、千葉市の東京大学農学部検見川厚生農場で、植物学者の故大賀一郎博士が縄文時代に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの1粒の開花に成功したものと言われている。

同町では、町民から寄贈された大賀ハスの種やハス根を水槽で栽培。平成19年に田丸城築城670周年記念として、町役場横の内堀など3カ所に移植した。今年は6月末から咲き始め、7月中旬―下旬が一番の見頃という。

町総務政策課の中川泰成さんは「ハスの花は早朝が一番きれいで午後には花が閉じてしまうので、涼しい時間を利用してお越しください」と話した。