優秀安全運転で45事業所を表彰 三重県警と自動車安全運転センター

【優秀安全運転事業所表彰式で表彰された事業者=津市垂水の県運転免許センターで】

【津】三重県津市垂水町の運転免許センターで12日、優秀安全運転事業所表彰式が開かれ、交通事故防止に努めた県内の45事業所が表彰を受けた。

県警と自動車安全運転センターは平成22年から、交通事故の種別や原因、違反内容などが記載された「運転記録証明書」を活用し、基準を設けて交通安全に努めた事業所を表彰している。今回はプラチナ賞4、金賞10、銀賞17、銅賞14の計45事業所が表彰された。

同センター県事務所の堀主邦所長(64)は「県内の交通事故死者数は減少しているものの、全国的には子どもや高齢者が被害者になる重大事故が発生している厳しい状況にある。事故が発生すれば、SNS(交流サイト)の発達した今では企業イメージを損なうことにもなる。今後も運転記録証明書を活用して、安全運転管理に努めてほしい」とあいさつした。

プラチナ賞を受賞した佐川急便中京支店四日市営業所の担当者は、ドライブレコーダーを活用して運転手が安全確認できているかなど映像検証する取り組みを紹介した。

最上位のプラチナ賞を受賞したのはカリツー三重いなべ営業所▽佐川急便中京支店四日市営業所▽鈴鹿エンヂニヤリング▽中日本ハイウェイ・パトロール名古屋津基地の4事業所。