三重県内投票率は52.78% 参院選、前回から1.09ポイント上昇

三重県選管は10日に投開票された参院選の県内投票率が52・78%だったと発表した。過去2番目に低かった3年前の参院選から1・09ポイント上昇した。

県選管によると、男性の県内投票率は前回より0・86ポイント高い53・06%、女性は1・32ポイント増の52・52%。市町別で最も高かったのは多気町の64・78%で、最も低かったのは松阪市の50・46%だった。

当日有権者数は147万3183人で、投票者数は77万7571人。期日前投票者数は28万4017人で、前回参院選と比べて8・48%(2万2203人)増えた。期日前投票率も19・28%で前回から1・79ポイント上昇した。