還付金名目で100万円詐欺被害 鈴鹿の60代女性 三重

【鈴鹿】三重県警鈴鹿署は9日、鈴鹿市の60代無職女性が、還付金名目で現金約100万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺とみて捜査している。

同署によると、自宅の固定電話にかかってきた電話で男に「役所の者です。保険の払い戻しで電話しました。手続きをするので銀行を選んでください」などと言われた。女性は男に指示され、現金自動預払機(ATM)を操作し、現金約100万円を振り込み、だまし取られた。

女性がATMを操作した後、通帳を記帳して、別の口座に現金を振り込んだことが分かり、詐欺と気づいた。