安倍元首相死去に三重県内首長らお悔やみ

何度もご来勢いただいた

鈴木健一伊勢市長の話
突然の訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。内閣総理大臣在職中に新年の伊勢神宮参拝や伊勢志摩サミットなどで何度もご来勢いただきました。2016年G7サミット開催地を伊勢志摩に決定していただきましたことは、世界の関心をこの地に向けていただき、現在の伊勢の賑わいの糧となっております。

今後もご活躍されることと期待しておりましたが、このような悲しい出来事が起こってしまいました。この度のような政治に対する暴力は決して許されることではありません。これまでのご功労に敬意を表しますとともに、衷心よりご冥福をお祈りいたします。

市発展、大いに力添え

橋爪政吉志摩市長の話
安倍晋三元総理の訃報に接し、大変大きな衝撃を受けるとともに、今回の残忍で卑劣な行為に対し言葉に表せない憤りを感じています。安倍元総理には、2016年G7サミットを伊勢志摩で開催いただくなど、志摩市の発展に大いにお力添えをいただいてまいりました。深く感謝を申し上げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

サミットへの思い強く

伊勢志摩サミット開催時、広報課長補佐として対応に当たった神宮司庁の音羽悟広報課長の話
参集殿で待機する各国首脳にご覧いただくための伊勢神宮の紹介映像を用意してほしいという話を首相官邸を通じて聞いていました。(安倍氏の)伊勢志摩サミットへの思い入れは強かったと聞いています。当日の天気予報は雨でしたが、参道を歩くときには日が差し雨に当たる様子もなく、「伊勢神宮で御神慮をいただいた」という話を親しい方にしていたと後日談で聞きました。

サミットを契機に東南アジア圏を中心に(神宮への)取材の申し込みも増え、参拝者の外国人割合も増えた印象を受けました。県が目指すインバウンドに一役買ったのではと思います。事件については言葉の発しようもないです。