23万3611人、期日前投票 三重県選管「好調なペース」

三重県選管は9日、参院選の公示翌日から8日までの16日間で、有権者の15・79%に当たる23万3611人が期日前投票をしたと発表した。9日分を含めた最終的な期日前投票者数は10日に発表する。

県選管によると、8日までの期日前投票者は、前回参院選の同じ期間と比べて2万8203人の減少。期日前投票率も1・7ポイント低下し、市町別では桑名市を除く28市町で前回を下回っている。

一方、今回の参院選は公示を1日前倒ししたため、期日前投票は前回より1日多い。9日の期日前投票は好調なペースといい、県選管は「最終的な期日前投票率は前回を超える」と見込んでいる。