久邇氏、大宮司就任を報告 伊勢神宮を参拝 三重

【大宮司就任報告に向かう久邇氏(中央)と退任報告に向かう小松氏(左奥から2人目)=伊勢市の伊勢神宮内宮で】

【伊勢】伊勢神宮の大宮司に5日付で就任した久邇朝尊氏(62)が9日、伊勢神宮内宮と外宮を参拝し、就任を報告した。

大宮司は、黒田清子さんが務める祭主を補佐しながら祭典に奉仕し、礼典の執行や神宮職員の統監、事務の総監に当たる。久邇氏は過去に大宮司を務めた久邇邦昭氏の長男で、戦後の大宮司としては11人目。

久邇氏はこの日、夫人と共に神職の先導を受けながら参道を歩いて正宮へと向かい、御垣内参拝をして就任を報告。その後、神楽殿で神楽を奉てんした。先代大宮司を務めた小松揮世久氏(72)も夫婦で参り、退任を報告した。

久邇氏は10日まで2日間にわたって5カ所の別宮を参拝して就任を報告する。8月4日の風日祈祭(かぜひのみさい)が就任後初めて奉仕する祭事となる。