山商高生と浜郷小児童ら英語の交流学習

【英語での自己紹介やゲームを楽しむ児童と山商高生ら=伊勢市黒瀬町の浜郷小学校で】

【伊勢】伊勢市の三重県立宇治山田商業高校のESS部員と国際科3年生の有志らが5日、近くの浜郷小学校で、手作りの英語のゲームやクイズを通し、児童らに外国語の楽しさを伝えた。

授業で英語を学び始めた児童らに興味を持ってもらおうと、7年前から小学校へ出向いて英語を通じた交流活動を行っている。

この日は、生徒26人が同小を訪問し、3年生児童41人が参加。グループに分かれ、英語での自己紹介やジェスチャーを見て単語を当てるゲーム、色や数字を表わす単語を使ったクイズなどを楽しみ、発音や表現方法を学んだ。参加した酒徳飛意さん(9つ)は「優しく教えてくれた。初めて聞いた英語もたくさんあって楽しかった」と笑顔で話した。

国際科3年でESS部部長の小坂晴南(はるな)さん(17)は「子どもたちはすごく元気。どうすれば分かりやすく、楽しませることができるか学ぶことができた」と話していた。