めいわ文化遺産連続講座 11日から受講生募集

【多気郡】三重県明和町日本遺産活用推進協議会は8月から来年1月にかけて「めいわ文化遺産連続講座」を現地見学やシンポジウムを含め計5回開催する。参加無料。11日から、町民を対象に全回参加者30人を先着順で募集する。締め切りは31日。

国指定史跡斎宮跡をはじめ町内の文化遺産への理解を深め、文化財の保護を進める狙い。

講座はいずれも同町斎宮のいつきのみや地域交流センターで午後1時15分から3時間半程度開く。日程は、8月7日=祈る皇女斎王のみやこ斎宮▽9月11日=神仏をまつる▽11月27日=フィールドワーク、めいわの伝統産業巡り▽12月11日=伊勢街道と街道文化▽1月22日=めいわ文化遺産発表会&シンポジウム。

対象は中学生以上の同町在住者か近隣住民。最終回では参加者が学んだ魅力を発表する。問い合わせは同協議会事務局の同町斎宮跡・文化観光課文化財係=電話0596(52)7126=へ。申し込みはファクス、郵送、メールで。