大雨に警戒呼びかけ 台風4号で接近で、県が緊急部長会議

【記者会見で、台風への警戒を呼びかける一見知事=県庁で】

三重県は5日午前9時半、台風4号の接近に伴う緊急部長会議を開いた。一見勝之知事は初動対応が遅れないよう、情報収集や市町との連携などに努めるよう職員らに指示した。

津地方気象台によると、台風4号や温帯低気圧は6日未明ごろ、県に最接近する見込み。大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴う非常に激しい雨が降る可能性がある。

会議では、25人の部局長が気象台の担当者から台風の状況について説明を受けた。県教委は台風接近に備え、尾鷲、木本、紀南の3県立高を5日は臨時休校にしたと報告した。

一見知事は会議後の記者会見で、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう県民に要請。マスクや消毒液を含めた備蓄品や防災グッズの確認も呼びかけた。