「すずか健康マイレージ」始まる 生活習慣改善やフレイル予防

【参加を呼びかける市職員=鈴鹿市西条5丁目の市保健センターで】

【鈴鹿】鈴鹿市はこのほど、市内在住、在勤、在学の18歳以上を対象に、参加者が健康づくりの目標に挑戦してポイントをためる「すずか健康マイレージ」の取り組みを始めた。実施期間は令和5年3月10日まで。

自主的な健康づくりを促すことで生活習慣やフレイルの予防で、健康寿命延伸につなげるのが狙い。

市役所や市保健センターなどで配布する専用用紙に、2週間の自主目標などを記録して申請すると、獲得ポイントに応じて特典がもらえる。

500ポイント以上獲得で、県内協力店約1100店舗の優待が受けられる「三重とこわか健康応援カード」がもらえるほか、1000ポイント以上獲得すると、抽選で20人に市の物産品があたる。

県の三重とこわか健康マイレージ事業と連携し、今年で5回目。昨年は267人が参加した。

担当の市健康づくり課は「専用用紙は市ホームページからダウンロードもできるので、まずは気軽に挑戦してもらえれば」と呼びかけた。

問い合わせは同課=電話059(327)5030=へ。