「星空」テーマに絵やブローチ100点 亀山で合同作品展  三重

【約100点の作品が並ぶ「合同作品・販売展」=亀山市東町の古民家ギャラリー「アートガーデン崖の上」で】

【亀山】三重県亀山市内外の芸術家ら13人のアートグループ「majo+(まじょぷらす)」(森敏子代表)の「合同作品展示・販売展」が一日から、同市東町の古民家ギャラリー「アートガーデン崖の上」で始まっている。7日まで。午前11時―午後5時。

同グループは、平成22年3月から、東町商店街の一角の同ギャラリーで、商店街の活性化と若手芸術からの育成を目的に、毎月初めの1週間を「7daysギャラリー」として美術展を開いている。

今月は「星空」をテーマに星座や七夕、夏の花にちなんだ、アクリル画「きらめく」や「空まで続く」のほか、エンピツで描いた「おり姫」と「ひこ星」、刺しゅう糸で施した「ひまわりのブローチ」など作品計100点が並ぶ。また、毎月20日を「ワークショップ」の日と定め、今月は陶芸家の倉岡茉希さんさんが担当。陶器の絵付体験を開く。申し込み、問い合わせは森代表=電話090(8950)3011=へ。