安倍元首相、山本氏の支持訴え 参院選応援で三重県入り

【演説で山本氏への支持を訴える安倍元首相=伊勢市朝熊町で】

安倍晋三元首相は1日、参院選三重選挙区(改選数1)に立候補している自民党新人、山本佐知子氏(54)=公明党推薦=の応援で来県し、演説で「再び立ち上がった山本さんに力を与えてほしい」と訴えた。

党県連によると、安倍元首相は同日午後に近鉄四日市駅前を練り歩き、諏訪公園(四日市市)で演説。菰野町の町民センターと県営サンアリーナ(伊勢市)で開かれた山本氏の個人演説会にも出席した。

県営サンアリーナでの個人演説会では約2200人(主催者発表)の参加者を前に演説し、山本氏が6年前の参院選三重選挙区で敗れた後に県議選桑名市・桑名郡選挙区でトップ当選を果たしたと紹介した。

その上で「山本さんは地域と日本を守り抜くため、再び立ち上がってくれた。県議を経験し、パワーアップした山本佐知子さんに大きな力を与えてほしい。山本さんと一緒に仕事をさせてもらいたい」と訴えた。

三重選挙区には山本氏のほか、参政党新人の堀江珠恵氏(47)、無所属新人の芳野正英氏(47)=立憲民主、国民民主両党推薦=NHK党新人の門田節代氏(54)も立候補している。