横断歩道、もう一度右見て 桑名の幼稚園で交通安全教室 三重

【手を上げて横断歩道を渡る園児=桑名市清竹の丘の津田桑名幼稚園で】

【桑名】三重県桑名市清竹の丘の津田桑名幼稚園で30日、交通安全教室が開かれた。全園児242人が、安全な横断歩道の渡り方や交通ルールを学んだ。

市交通指導員の伊藤真実さん、石倉明子さんが指導した。園児は模擬シートの前で立ち止まり、手を上げて右、左を確認した後、もう一度右を見て、車が来ないか注意しながら横断した。

年中、年長児の160人はDVDを視聴して、道路の歩き方や雨の日の注意点も学んだ。

園の玄関前にはパトカーを展示。園児らは桑名署員の話を聞きながらパトカーを見学し、記念撮影を楽しんだ。