1億5000万円横領職員を懲戒免職 南伊勢病院・三重

【度会郡】三重県南伊勢町は29日、水道事業や病院事業会計から現金約1億5千万円以上を横領したとして、町立南伊勢病院勤務の男性主査(38)を懲戒免職にしたと発表した。28日付。

町によると、男性主査は平成29年4月―31年3月末までの間、同町水道事業名義の貯金通帳から現金を引き出して着服。また令和元年5月―4年6月までの間、南伊勢病院名義の預金通帳から現金を引き出すなどの方法で多額の現金を着服し、横領したとしている。

町は28日に広田真理子副町長を長とする懲戒審査会を開き、処分を決めた。男性主査は弁明に際して全面的に横領の事実を認め、「大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪したという。

町は現在、刑事告訴の手続きに向けて被害の実態調査を進めている段階だが、処分について「社会的な影響の大きさを考慮した」としている。