三重県知事「やむを得ず」 サッカーJFL鈴鹿・百年構想クラブ失格処分で

一見勝之三重県知事は29日の定例記者会見で、日本フットボールリーグの鈴鹿ポイントゲッターズがJリーグの準加盟に相当する資格「百年構想クラブ」を失格する処分を受けたことについて「今回は不祥事もあって、やむを得ない」との認識を示した。

一見知事は資格失格の処分について「非常に残念だが、Jリーグ理事会の決定であり、何か申し上げることはない」としつつ「再び(Jリーグに)審議してもらう機会があると聞いている。体制を固めてJ3に昇格できるよう頑張ってもらいたい」と述べた。

一方、ポイントゲッターズの運営会社などが県営公園「鈴鹿青少年の森」(鈴鹿市)で進めているスタジアム建設の対応について問われた一見知事は「県は市に設置管理の許可をする立場。従来と変わらない」などと述べ、許可を見直す予定はないと説明した。