市教委委員に松嶌氏 鈴鹿市議会8議案を可決 三重

【鈴鹿】三重県鈴鹿市議会6月定例議会は29日、本会議を再開。任期満了(6月30日)に伴う市教育委員会委員に、三重平安閣社長の松嶌康博氏(51)=同市西条5丁目=を任命する追加議案1議案を含む計8議案を、原案通り可決した。

松嶌氏は1期目。任期は令和4年7月1日から令和8年6月30日の4年間。

このほか、適正な議員定数と議員報酬について調査、研究する「議員定数及び報酬検証特別委員会」の設置を決めた。

同特別委の構成は、各会派から選出した8委員を宮木健議長が指名し、委員長に池上茂樹議員、副委員長に森雅之議員を選んだ。

そのほかの委員は田中淳一、宮本正一、明石孝利、石田秀三、薮田啓介、南条雄士の各議員。