志摩ブランド、YouTubeで紹介 公式チャンネル開設、認定品の魅力わかりやすく 三重

【志摩ブランド認定品の「華牡蠣」を紹介する動画の一場面(志摩市提供)】

【志摩】三重県志摩市は28日、志摩ブランド認定品を紹介するための動画を集めた公式YouTubeチャンネルを開設したと発表した。これまでに14品目を紹介しており、今後も随時追加していくとしている。

同市では平成23年度から、市内の優れた地域資源を活用した産品を「志摩ブランド」として認定し、3年ごとに更新審査している。これまでに24品目が認定されている。

公式チャンネルでは、認定商品の魅力やイメージをわかりやすく紹介するため、商品ごとに約1分間の動画を作成。商品の魅力や開発者の思いなどをまとめて紹介することで、新規顧客の獲得や販路拡大に活用していくことが狙いという。

動画は四日市市の映像制作会社「PIE MEDIA(ぴーめでぃあ)」に制作を依頼し、1月から撮影を開始。昨年度の事業予算は約62万円。

同市商工課の担当者は「言葉より動画の方がイメージが伝わりやすい。商談会などで活用できたら」と話した。