三重県土整備部長に若尾氏 国交省から異動

【若尾将徳氏】

三重県は28日、水野宏治県土整備部長(50)の後任に国交省道路局国道・技術課技術企画室長の若尾将徳氏(50)を充てる7月1日付人事異動を発表した。水野氏は同日付で近畿地方整備局の道路部長に就任予定。

若尾氏は平成10年、旧建設省の技官として採用された。福井県土木部高規格道路推進課長や奈良国道事務所長、国交省総合政策局公共事業企画調整課インフラ情報・環境企画室長などを経て昨年4月から現職。

水野部長は国交省からの派遣で令和2年4月から県土整備部長を務めている。県はインフラ整備の推進に向けて国との連携を強化するため、水野部長の後任についても国交省に派遣を依頼していた。

また、県は増田行信観光局長が兼務している同局次長に観光庁観光産業課長補佐の伊藤光明氏(34)を充てるほか、水野正宏熊野保健所副所長(55)が医療保健部参事に昇任する7月1日付人事異動も発表した。