私募債2億1千万円を四件受託 三十三銀

三十三銀行は27日、私募債四件(2億1千万円)を受託したと発表した。公表分の内訳は、同行保証分が、経営コンサルティング業「決断サポート」(四日市市堀木二丁目)の5千万円、農業用資材、施設の販売・施工業「南勢資材」(松阪市上蛸路町)の3千万円、その他のサービス業「イトペック」(四日市市稲葉町)の3千万円。

本件受託分のうち「決断サポート」「南勢資材」「イトペック」はSDGs私募債での受託。SDGs私募債は、持続可能かつ包摂性のある社会の実現に向けて、同行が受け取る私募債発行手数料の一部(物品または金銭)を、SDGsの目標達成に向けて取り組む組織・団体(学校や福祉施設、NPO法人など)に対して寄贈するもの。