「グランプレジール」完成 ミエライス旧本社跡地に、事務所付き共同住宅 三重・津

【「グランプレジール」外観パース(ミエライス提供)】

【津】三重県津市庄田町の米穀卸売業ミエライス(前川昌治社長)が、同市広明町の旧本社跡地に事務所付き共同住宅「グランプレジール」を完成させた。鉄筋コンクリート造十階建てでハイグレードな住宅棟とオフィス棟との複合型。7月から入居が始まる。

同社は平成13年に本社を同所から庄田町に移転。駐車場にしていた跡地約1270平方メートルを有効活用し、ハイグレードな賃貸マンションと新たなオフィス双方の需要に応えた。設計・施工は髙松建設(本社・大阪市淀川区)が手がけ、管理業務は関連会社の髙松エステートに委託する。

【「グランプレジール」の室内(3LDKタイプ)=津市広明町で】

近鉄名古屋線、JR紀勢本線津駅から徒歩3分の立地。1―3階がオフィス棟、4―10階が住居棟となっておりオフィス棟の床面積は1階店舗が約218平方メートル、2、3階事務所が約300平方メートル。

住居棟にはオフィス棟とは別に専用エントランスとエレベーターがあり、4階が1K―1LDK計8戸、5―10階が2―3LDK計24戸で賃料は7万―14万1000円(共益費込み)。充実した収納やゆとりあるサニタリー、奥行き170センチのバルコニーなどを全室に備える。

問い合わせは髙松エステート=電話052(253)6200=へ。