熱中症で90代男性死亡 三重県内今年初

三重県は25日、鳥羽市の90代男性が熱中症で死亡したと発表した。今夏に熱中症で死亡した人は県内で初めて。

市消防本部によると、市内で同日午後4時15分ごろ、男性が路上で倒れていると近隣住民から119番があった。

男性は伊勢市内の病院に救急搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。買い物からの帰宅途中だったとみられる。