三重県高校総体 水球で四中工V、稲生と東海大会へ

【県高校総体決勝で対戦する四日市中央工と稲生の選手=25日、スポーツの杜鈴鹿で】

水泳・水球の三重県高校総体は25日、スポーツの杜鈴鹿水泳場で男子決勝があり、四日市中央工が稲生を18―10で下して優勝した。また両校は東海高校総体(7月23、24日・スポーツの杜鈴鹿)出場を決めた。

東海高校総体は全国高校総体(インターハイ)の東海地区予選を兼ねて開かれ東海地区から2校がインターハイに出場する。昨年の東海総体は四中工が優勝し、インターハイでも初優勝した。

四中工・川口智央監督の話

今年のチームはテクニックのある選手が多い。スピード、スタミナを磨き、まず初の東海大会2連覇を目指したい。