桑名の80代女性150万円被害 キャッシュカードだまし取られる 三重

【桑名】三重県警桑名署は24日、桑名市の80代の無職女性が、警察官を名乗る男にキャッシュカード3枚をだまし取られたと発表した。盗まれたキャッシュカード3枚から現金計約150万円が出金されていた。

同署によると、23日午後3時ごろ、女性方の固定電話に桑名警察生活課を名乗る男から「この付近で詐欺被害が相次いでいます。口座から30万円引き下ろされています」「今から警察官が行く」などと電話があった。

電話の最中、女性宅に警察官を名乗る男が訪れ「キャッシュカードに穴を開けるのでカードを貸してほしい」と言われたため、女性がキャッシュカードを渡すと、男は穴を開けて封筒に入れた。女性がその場を離れた隙に、別の封筒にすり替えられ、キャッシュカード3枚をだまし取られた。