愛称「SWS西日本キッズシアター」に決定 みえこどもの城の施設

【命名権の基本合意を交わした(右から)佐久間社長、一見知事、下田常務=県庁で】

三重県は23日、県立みえこどもの城(松阪市)ドームシアターの愛称を「SWS西日本キッズシアター」とする基本合意をSWS西日本(松阪市大塚町)、住友電装(四日市市浜田町)と交わした。

県は公共施設の維持管理費を確保するため、2月から約1カ月間にわたって契約の相手方を募集。両社が応募した。契約は来月1日からの10年間。両社は年間で計170万円を県に支払う。

この日、一見勝之知事とSWS西日本の佐久間敦敬社長、住友電装の下田典史常務が基本合意書に署名した。佐久間社長は「地域に貢献したいと思ってきた。未来を担う子どもたちの一助になれば」と述べた。