松阪で8月11日に昭和展 ふれ愛コンサートも 三重

【松阪】「懐かしの昭和展&ふれ愛コンサート」が8月11日、三重県松阪市嬉野権現前町の嬉野ふるさと会館である。結成十周年を迎えるクラシックユニット「ナチュラル」が共演する。

懐かしの昭和展(入場無料)は午前9時半から。地元、旧豊地村出身の農業経済学者を紹介する「東畑精一企画展」や、豊地小学校に残る「青い目の人形グレースとメリーのご対面」、名古屋の正木国民学校から豊地村に来た「学童集団疎開の記録」などを開催する。

ふれ愛コンサートは午前9時15分から津高校書道部の書道パフォーマンスで開始。一部(高校生以上は協力金500円)が午前10時から、2部(入場無料)が午後2時から。

一部は松阪高校ダンス部や三重大学応援団が出演。2部はセントヨゼフ女子学園の合唱に始まり、ソプラノとピアノの4人でつくるナチュラルなどが歌声と演奏を披露する。

主催するふれ愛コンサート実行委員会の西山勝代表は「小学生から一般までの幅広いラインアップ。元気と勇気を与えることができたら」と来場を呼びかけている。

問い合わせは西山代表=電話090(3562)9884=へ。