抹茶体験しませんか 玉城町「玄甲舎」で、参加者募集 三重

【「玄甲舎deお抹茶体験」をPRする担当者=玉城町佐田で】

【度会郡】三重県の玉城町教育委員会と同町生涯現役促進協議会は毎月第4金曜日に、町指定文化財「玄甲舎」=同町佐田=で開催する「玄甲舎deお抹茶体験」の参加者を募集している。

玄甲舎は田丸城主久野丹波守の家老で、畿内の茶人三傑の一人とうたわれた金森得水によって、設計・建築された江戸時代後期の茶室兼居宅。同体験では、玄甲舎の茶室で自らお茶をたてて味わうことができる。

開催時間は午前10時、午後1時、同2時半の3回。定員は各回5人、前日午後3時までに申し込む。参加費はお菓子付きで500円。玄甲舎の入館料200円が別途必要となる。

同協議会の担当者は「玄甲舎の茶室の雰囲気とお抹茶体験を気軽に楽しんでもらえれば」と話した。

問い合わせは同協議会=電話0596(58)8050=へ。