ヴィアティン引き分けで6位に後退、鈴鹿は敗れる サッカーJFL第12節

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は18、19の両日、第12節8試合が行われた。県勢2チームのうち、前節4位のヴィアティン三重は、朝日ガスエナジー東員スタジアムにラインメール青森を迎えてホーム戦を行うも終盤追いつかれ、1―1で引き分けた。通算成績は5勝3敗4分け(勝ち点19)となり暫定順位は6位に後退した。

また前節10位の鈴鹿ポイントゲッターズはFC大阪に0―1で敗れて通算成績は5勝6敗1分け(勝ち点16)に。順位は前節同様10位だった。元日本代表FW三浦知良はベンチ外だったが、会場がラグビーの聖地、東大阪市花園ラグビー場第1グラウンドだったこともありJFL史上4番目に多い12152人の観衆を集めた。