貸し切り露天ぶろが格安 津「湯元榊原館」で26日、宿泊客らに 三重

【貸し切り展望露天ぶろ「よもやま」(湯元榊原館提供)】

【津】三重県津市榊原町の温泉旅館「湯元榊原館」(前田諭人社長)は26日の「露天風呂の日」の宿泊客らに同館の貸し切り展望露天ぶろを格安で提供する。

「露天風呂の日」は「ろ(六)てん(・)ぶ(二)ろ(六)」の語呂合わせで昭和62年に制定。同館では20年前から毎年この時期に日帰り温泉「湯の庄」の入浴券を区長を通じ町内全世帯に配布しており今年は658世帯に贈る予定という。

新たな企画として26日の宿泊客と夕食利用客限定で、天の原▽よもやま▽ぬのびき―の3つの貸し切り展望露天ぶろを通常50分3300円のところ同様の語呂合わせで626円で販売する。利用は午前7―同10時と正午―午後9時の毎正時から50分間で事前予約が必要。問い合わせは同館=電話059(252)0206=へ。