ハンゲショウが見頃 アスピア玉城 白と緑、涼やか

【緑色の葉が白く色づき見ごろを迎えたハンゲショウ=玉城町原のアスピア玉城で】

【度会郡】三重県玉城町原のアスピア玉城でハンゲショウが見頃を迎えた。緑色の葉が白く色づき、涼やかな光景が広がっている。6月末まで楽しめそう。

ハンゲショウはドクダミ科の多年草。夏至から11日目の「半夏生」の時季に開花することや、葉の半分が白く色づき化粧をしているように見える「半化粧」から名前が付いたといわれている。

アスピア玉城にある町営温泉施設「ふれあいの館」の前を流れる小川には、高さ約50センチ―1メートルに成長したハンゲショウが群生し、緑と白のコントラストが訪れた人の目を引いている。

町産業振興課の担当者は「梅雨の時季にハンゲショウを見て気分転換をしてもらえれば」と話していた。