ノババックス製ワクチンの接種日程を追加 知事会見 きょうから予約

【ノババックス製ワクチンの接種日程を追加すると発表する一見知事=県庁で】

一見勝之三重県知事は17日の定例記者会見で、三重大医学部付属病院(津市江戸橋2丁目)で実施しているノババックス製新型コロナウイルスワクチンの接種について、接種の日程を追加すると発表した。18日から予約を受け付ける。

県によると、6―7月の3日間に設けていた90人分の予約が、受け付け開始から3時間ほどで全て埋まったことや、その後に100人程度から予約についての問い合わせがあったことなどを受け、追加を決めた。

追加日程は、6月30日から8月4日までの全ての木曜日と7月11日、8月1日。いずれも午後3時―同3時半まで接種する。各日30人の接種枠を設け、計240人分のワクチンを確保した。

一見知事は「ノババックス製ワクチンは副反応が少ないと言われている。若い方もぜひ、この機会に受けてもらいたい。前回はすぐに予約が埋まったので、今回も定員に達するのが早いかもしれない」と述べた。

18歳以上の県内在住者が対象。同じ日程でアストラゼネカ製ワクチンの1回目と2回目の接種も同病院で実施する。予約はみえ新型コロナウイルスワクチン接種ホットライン=電話059(224)2825=へ。