ヴィアティン三重、逆転負け喫す サッカーJFL第11節

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は11―13日に各地で第11節8試合が行われた。三重県勢2チームのうち、前節3位のヴィアティン三重はMIOびわこ滋賀に1―2で逆転負けを喫し、通算成績5勝3敗3分け(勝ち点18)で暫定順位は4位に後退した。

ヴィアティンより1試合消化試合が少ない上、リーグ3連敗で前節12位だった鈴鹿ポイントゲッターズは高知ユナイテッドSCを1―0で下し、通算成績4勝5敗1分け(勝ち点13)として11位に。元日本代表FW三浦知良はベンチ外だった。

鈴鹿は15日、新型コロナウイルスの影響で中止になった第3節の代替試合のクリアソン新宿戦が午後7時からスポーツの杜鈴鹿で予定されている。