地元の人も園芸楽しんで おかげ横丁・伊勢路栽苑が教室、TOMOKOさんが協力 三重

【コケ玉作りなどを行う「地域向け園芸教室」で講師を務めるTOMOKOさん=伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁「伊勢路栽苑」で】

【伊勢】三重県の伊勢神宮内宮近くのおかげ横丁体験処「伊勢路栽苑」で、季節の植物を使ったコケ玉作りなどを行う「地域向け園芸教室」が始まっている。地域の人とおかげ横丁をつなぐコミュニケーションの場をつくろうと、同横丁とコケ玉作家のTOMOKOさん=同市宇治浦田町=が連携して実施。観光地としてだけでなく、地元の人も楽しめる町づくりに取り組んでいく。

TOMOKOさんは20年近く同市を中心に活動し、コケ玉だけでなくテラリウムや盆栽を取り入れた魅力的な作品を制作。各地で作品展やワークショップを開いている。

今回の教室はTOMOKOさんの指導の下、モミジやイチョウなど秋にちなんだ植物を使ってコケ玉やコケ盆栽、コケテラリウムの作品を作り、管理方法も学べる。

日程はAコースが7月6日、8月3日、9月7日、Bコースは7月20日、8月17日、9月21日。申し込みの締め切りはAコースが7月5日、Bコースが同19日。定員は各コース8人。料金は3回分、材料費込みで1万1000円。同横丁のホームページから予約できる。伊勢路栽苑では、招き猫の絵付けやおかげ犬体験などさまざまな体験講座も用意している。

TOMOKOさんは「地域の人が気軽に立ち寄れる憩いの場所になれば」、同横丁を運営する伊勢福の都築伸一さんは「今後は学生の体験学習もやっていきたい」と話した。

問い合わせは伊勢路栽苑=電話0596(23)3077=へ。