社員ら地域清掃、3トントラック3台分雑草処分 三重のテイ・エステック鈴鹿工場

【除草作業をするテイ・エステックの従業員ら=鈴鹿市飯野寺家町の市文化会館で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市木田町の自動車部品製造業、テイ・エステック鈴鹿工場(森本浩工場長)は10日、地域貢献活動の一環として、同市飯野寺家町の市文化会館周辺で清掃活動をした。

同社が市に「何か地域の役に立つことができないか」と相談し、今回の清掃活動につながった。昨年は市立図書館周辺の清掃活動をした。

この日は従業員20人と市職員8人が参加。参加者らは熱中症対策をしながら、同館入り口付近の植え込みの草刈りや、歩道の除草作業をし、3トントラック3台分の雑草を処分した。

同社管理課管理係の田中敏文さん(55)は「きれいになると達成感がある。今後も市と連携し、地域のために協力していきたい」と話した。