「参院選、投票に行こう」ラジオCMで呼びかけへ 皇學館大生ら公開録音 三重・伊勢

【参院選啓発用のラジオCM録音に臨む学生ら=伊勢市の皇學館大学で】

【伊勢】任期満了(7月25日)に伴う第26回参院選を前に、臨時啓発用のラジオCMの公開録音会が9日、三重県伊勢市神田久志本町の皇學館大学であり、学生2人が自作の原稿を使った録音に臨んだ。

若い世代に選挙に関心を持ってもらい、投票率向上を呼びかけるためのきっかけづくりとして、県選管が同大に協力を依頼。同大でフィールドワークを通じて地域課題解決に取り組むCLL(Community Learning Labo)活動に所属する学生が参加した。

この日は、現代日本社会学部3年の大道友美菜さん(21)と、国文学部3年の前田慈温さん(20)の2人がラジオCM用の録音に参加。「三重県選挙啓発ボランティアです」のあいさつと共に、20―30秒の枠に合わせて作成した原稿を読み上げていた。

大道さんは「同世代が啓発することで選挙に行ってみようと思ってもらえたら」と話していた。

CMはテレビ用とラジオ用の2種類で、公示日から投開票日まで、三重テレビと県内ケーブルテレビ、FM三重で流れる予定。