「県政だより」多言語対応 電子版、三重県がアプリ通じ配信

【外国語に対応した広報紙=県庁で】

三重県は9日、広報紙「県政だよりみえ」の電子版を多言語対応の無料アプリ「カタログポケット」を通じて配信すると発表した。10日に6月号を配信し、スマートフォンなどから閲覧できる。

県によると、広報紙は新聞折り込みに加えて県のホームページや一部のアプリで配信している。県の人口に占める外国人の割合が全国で4番目に高いことから、多言語対応のアプリでも配信することにした。

広報紙をそのまま掲載。英語や中国語、ポルトガル語、スペイン語など、九つの言語に翻訳できる。文字を拡大したり、音声を読み上げたりする機能もある。県がアプリの運営会社に年間約50万円を支払う。

担当者は「特に外国人の方にとっては利便性が向上し、より多くの人に広報紙を通じて県の情報を知ってもらえるはず。多言語での配信を紹介するチラシを配るなどして周知したい」と話している。

スマートフォンやタブレット端末でカタログポケットをダウンロードした上で「県政だより みえ」と検索して閲覧する。問い合わせは戦略企画部広聴広報課=電話059(224)2788=へ。