11月22日に「真珠婚おかげ参り」 真珠婚国際協会、参加夫婦を募集

【伊勢神宮内宮での「真珠婚おかげ参り」(真珠婚国際協会提供)】

真珠婚国際協会(濱口久雄会長)は、全国から結婚30周年の「真珠婚」を迎える夫婦を募り、11月22日に三重県の伊勢神宮内宮で「真珠婚おかげ参り」をする。今月1日から、参加夫婦の募集を始めた。9月15日締め切り。

本年度は平成4年11月―同5年10月に結婚した夫婦が対象。募集定員の80組160人を超えた場合は、締め切り後に抽選する。

同協会は、夫婦が絆を強め、幸せな家庭生活を願う証しとして夫から妻に真珠を贈ることを風習化すべく活動。11月22日を「いい夫婦の日・真珠婚の日」と定めた。アコヤ貝が月日を重ねて真珠を育み、輝きを放つのになぞらえ、夫婦も月日を重ねて家庭を育み円満になれるよう願い、これまで無事で来られたことへの感謝と今後の幸せを願う日としている。

平成14年からは、真珠婚を迎える夫婦が「お互いの気持ちを真珠に託し、伝えられる機会をつくりたい」と考え、地元養殖業者協力の下毎年「おかげ参り」を開催。今回は20回目で、式典の後半では毎年、夫から妻へアコヤ真珠のオリジナル真珠ペンダントが贈られる。

前日の21日には、志摩観光ホテル・ザ・クラシック真珠の間で「おかげ参り」に参加する夫婦50組100人が参加してウェルカムパーティーを開催。志摩の新鮮な魚介を使ったホテル自慢の料理や地元の「じゃこっぺ踊り」などを楽しめる。

応募は、公式サイトか往復はがきで同協会=志摩市阿児町鵜方5012・志摩市商工会館内=まで。詳細は、真珠婚国際協会公式サイト、URL=http://www.shinjukon.com=へ。