「はじめようSDGs」 桑名三重信金がサマーキャンペーン

【桑名】桑名三重信用金庫(中澤康哉理事長)は6月1日から、「はじめようSDGs 2022サマーキャンペーン」を実施している。7月29日まで。

期間中に対象商品を契約した顧客の中から抽選で、全店合計375人に、SDGsにちなんだ景品をプレゼントする企画。「SDGs目標3 すべての人に健康と福祉を」の対象として「健康グッズ」を、「SDGs目標4 質の高い教育をみんなに」の対象として「図書カード」をプレゼントする。

対象商品は、①スーパー定期・大口定期②まごころ定期③投資信託セット商品の定期預金(ドリームセット、HAPPYセット100)④定期積金(スーパー積金)。

当選景品は、定期預金賞A賞としてEMS健康機器を50人に、定期預金賞B賞として図書カード千円を200人に、定期積金賞A賞としてネックマッサージャーを25人に、定期積金賞B賞として図書カード1000円を100人に贈る。

同金庫では「この機会を通してSDGsを広く知っていただき、小さなことでもSDGsにつながるということを発信しつつ、お客様とともに『SDGsへの理解と目標達成への参加』を実現していきたいと考えています」としている。