静岡県が加入申請 リニア建設促進同盟会

静岡県の川勝平太知事は2日の中部圏知事会議で、三重などリニア中央新幹線の沿線九都府県でつくる建設促進期成同盟会への加入を求める申請書を、同盟会の会長を務める大村秀章愛知県知事に手渡した。

申請書はリニアについて「本県の基本姿勢は整備促進」とした上で、リニア開業は「東海道新幹線の活性化につながる」と強調。県内駅に停車する「ひかり」と「こだま」が増加することなどを根拠とした。

一方、静岡県には「水資源、生物多様性、残土処理などへの影響回避という深刻な課題が残っている」と説明。「整備を促進するため、JR東海との対話を国と協力して進めていく」としている。

川勝知事は「リニアを促進するつもりがある」と述べ、休憩時間に申請書を手渡した。会議後の記者会見では三重県駅が亀山市に設置されることに言及。「名古屋から大阪までの建設にも協力する」と語った。

大村知事は申請書について「内容を十分に見ていない」と前置きした上で、3日に都内で開く同盟会の総会で、加入の申請があったことを報告すると説明。近く会員から申請に対する意見を募る考えを示した。

静岡県は令和元年にも加入を申請したが、建設促進の姿勢が明確でないことから承認されていなかった。同県は南アルプスのトンネル工事による環境への影響を懸念し、静岡工区の着工を認めていない。