デコキュウリ収穫最盛期 伊勢の「AC FARM」、断面がハートや星形 三重

【デコキュウリを収穫する中川さん=伊勢市上地町の「AC FARM」で】

【伊勢】三重県伊勢市上地町の「AC FARM」(中川亜沙美代表)で、輪切りにした断面がハートや星の形になるデコレーションキュウリ(デコキュウリ)の収穫が最盛期を迎えている。

中川さん(37)は令和元年から新規就農し、農業用ハウスでキュウリを栽培。翌年から食卓を楽しく彩るデコキュウリの栽培にも取り組んでいて、星とハートに成形するため、10―15センチに成長したキュウリを専用型に入れて固定し、3―7日ほどで収穫している。

【輪切りにした時の断面がハートや星の形になるデコキュウリ(中川さん提供)】

今年は3月と5月に計560本の苗を植え付け、10月頃まで収穫する予定。購入者には「サラダや弁当の彩りにピッタリ」「切るのが楽しいので子どもが手伝ってくれる」などと好評だが、手間がかかるため収穫量は栽培するキュウリの1―2割ほどという。

伊勢市や近隣にあるスーパー「ぎゅーとら」、「コープみえ」などの店頭に並ぶほか、インターネット販売(ポケットマルシェ)も実施。7月頃にホームページでも販売する予定。

中川さんは「AC FARMのみんなで育てているキュウリを楽しんで食べてもらいたい」と話した。