伊賀が暫定首位浮上 サッカー女子なでしこリーグ1部 三重

サッカー女子のプレナスなでしこリーグ1部は29日、第11節2試合が行われた。前節2位の伊賀FCくノ一三重は、東京・AGFフィールドで行われた同1位のスフィーダ世田谷FCとの首位攻防戦を3―1で制して勝ち点を25に伸ばし、暫定首位に立った。

前半8分に先制点を奪われたが8分後、FW小川志保の得点で同点にするとMF三橋明香の2得点で勝ち越した。伊賀の通算成績は8勝1敗1分(勝ち点25)で、通算成績8勝3敗(勝ち点24)のスフィーダを勝ち点1差で上回った。

伊賀・草木克洋監督のコメント 運動量や前線のスピードが相手を上回った。ベテランの選手中心に失点を最小限に抑えてくれたから勝利をつかみ取れた。次節は今日の勝利を無駄にしないよう全力で戦う。

伊賀・三橋明香選手のコメント 絶対に点を取ってチームに貢献したいと思って臨んだ。得点という形でチームに貢献することができて良かった。次節もアウェーだが絶対に勝利をして伊賀に帰って来たい。