打田(皇學館)110障害で大会新V 三重県高校総体、陸上やバレー始まる

【陸上競技男子110メートル障害決勝を14秒40の大会新記録で制した打田快生(皇學館)=スポーツの杜伊勢陸上競技場で】

令和4年度三重県高校総合体育大会は27日、県内各地で陸上競技、バレーボール、ラグビーなどが行われた。伊勢市宇治館町のスポーツの杜伊勢陸上競技場で12種目の決勝が行われた陸上競技では、男子110メートル障害決勝を打田快生(皇學館)が14秒40の大会新記録で制した。

ラグビーは今年から初めて女子の試合が行われ、女子決勝で四日市メリノール学院が31―5で四日市農芸を下した。

四国4県を中心に7~8月にかけて開催の全国高校総体、愛知県を中心に6~7月にかけて開催の東海高校総体の県予選を兼ねて実施。軟式野球は会場のドリームオーシャンスタジアムのコンディション不良で28日に順延された。