志摩市がタクシー料金割引 鵜方駅から横山展望台までワンコインで 三重

【横山VIEWタクシーの利用券=志摩市役所で】

【志摩】三重県志摩市は、近鉄鵜方駅から横山展望台までのタクシー料金を割り引く「横山VIEW(ビュー)タクシー」を実施している。本来の利用料金との差額を市が負担する事業で、コロナ禍を背景に公共交通機関や観光名所の利用促進を図る考え。

鉄道利用客を対象に、近鉄鵜方駅から横山展望台まで片道約5キロ区間のタクシー料金を割引価格で利用できるキャンペーン。同駅構内の市観光案内所で切符の提示と引き替えに配布される専用の利用券を提示することで、近鉄タクシーと和栄タクシーの2社を割引料金で利用できる。

利用料金は通常片道約1700円がワンコインの500円、1時間の貸し切り利用は通常6800円のところを3千円で利用できる。

事業予算は825万円で、5月9日からスタートし、25日現在で114組の利用があった。うち九割近くがワンコインでの利用だったという。

同展望台は定期バスの運行がなく、交通手段の利便性を求める声が多かったという。また新型コロナウイルス感染症の拡大で公共交通機関の利用が減少していたことから、鉄道やタクシーの利用促進を目的に初めて企画した。

橋爪政吉市長は「市を代表する観光地としてたくさんの人に利用してもらえたら」と話している。